poohrunningの「改訂版:明日はちゃんとします。」

いやはや…いつまで続くことやら…。

『忠義』を思う

先日、品川近辺でしていた仕事が早く終わったので、ふと思いたって事務所に戻る前にふらっと泉岳寺に立ち寄り、忠臣蔵で有名な赤穂四十七士浅野内匠頭墓所を見に行き、墓前で手を合わせてきました。都営浅草線の泉岳寺駅から程近い路地の一番奥にある山門をくぐり左手に折れた奥に墓地はあった。

 

東京で生まれ育ち、泉岳寺から目と鼻の先にの薬王寺にある父の恩人の墓には度々墓参りに訪れてはいたものの、あまりにも有名な『忠臣蔵』の義士墓前に詣でるのは、物心ついてからは初めての事でした。浅野内匠頭大石内蔵助堀部安兵衛…順番に墓碑銘をみながら手を合わせていったが、一時期夢中になって読んだ時代小説に出てくる登場人物が今目の前の石の下に眠っているかと思うと、なんだか不思議な気がした。

 

赤穂浪士の吉良邸討ち入り・・・

非業の死を遂げた主君と御家断絶とされた無念を晴らすがために、江戸幕府という当時の日本の中心権力を向こうにまわして、古来日本人の文化に於いて特に深く重んじられていた『忠義』を、したたかに且つ命懸けで実践し成し遂げた「仇討ち(単に「復讐」とする説もある)」の実話から300年余り経つ。

 

当時壮絶な物語を繰り広げた者達の墓前に佇みながら、『忠義』とは何なのであろうか・・・、そして自身にはそのような感情は存在すのだろうか・・・、を改めて自問してみたが何も頭には浮かんでこなかった。しかしながら、元禄の世に生きる庶民らと同じく、『忠義』を実践した義士らを讃え敬う気持ちはぼくの中にも確かに存在しているに他ならないために、こうして四十九の墓標に手を合わせに来ているのだろう。

 

150年前の明治維新や文明開化を皮切りに、テクノロジーは瞬く間に進歩し、同時に彼の敗戦を期に、「個」を重要視する欧米文化が一気に流れ込み今に至ることとなった現代社会は、人々の暮らしを物凄いスピードで豊かにしていったものの、日本人の心から「大切な何か」を幾つか押し流していってしまったような気がしてならない。

その中の一つに『忠義』という失ってはいけなかったであろう「心」もあるのだろう。

 

果たして現代の世の中で目の前に眠る彼らが持っていたような『忠義』の心を、私達はどれだけ受け継ぐことができているのだろうとも考えさせられた。

 

大石内蔵助の墓の前ではヨーロッパから来たと思われる家族が満面のスマイルで写真を撮っている。

彼らの信ずる文化に『忠義』の心がないとは言わないが、おそらくキリスト教文化の中で『忠義』というキーワードの優先順位は左程高い方ではないのだろうと勝手に察する。

 

そんなエラそうな考えが頭の中をよぎったりしたものの、結局のところかく言う自分も欧米かぶれの日本人に他ならないのだが・・・暮れなずむ高輪台下の墓所で『義士』達の小さな墓石を眺めながら、ふといろいろ考えてしまったのでした。

過去のエピソードより

過去のエピソードより、メガネ(老眼鏡ね)を失くした話しをお届けします。

 

 

 

春分の日、恋人と桜の季節にはまだ早く、来園客がまだそんなに多くない三渓園を散歩した。

爽やかな風を受けながら、手を繋いで、梅の花や土筆などを眺めながら園内を歩きまわり、中の茶屋で三渓園の開祖発案の蕎麦を食べ、それなりに小さな春を満喫してきたのだった。

 

f:id:poohrunning:20170703160952j:image

 

その三渓園の園内でメガネ(老眼鏡ね)を落としてしまったらしい。

遠くの木々を仰ぎ見るときに外して、着ていたカーディガンの浅いポケットに突っ込んだまま広い園内を歩き回ったため、何かの拍子に園内の何処かで落としたものと思われる。


メガネ(老眼鏡ね)が無い事に気がついたのは、園を後にして暫く経ってからの、既に閉園時間も過ぎた時分で、慌てて入場券の裏に書かれている園内事務所の番号に電話をかけてみても電話口には誰も出ない。


仕方がないので、翌る日の朝一番に再び園内事務所に電話をかけてみた。

電話口に出た職員に、前の日に園内でメガネ(老眼鏡ね)を落としてしまったらしい旨を伝え、もしや園事務所に落しものとして届けられているかと問い合せてみたのだが、メガネ(老眼鏡ね)の落し物は届けられていませんとの丁寧な返答があった。

 

落としたメガネ(老眼鏡ね)は一昨年に購入して以来すっかりぼくのトレードマークにもなっているもので、所有しているメガネ(老眼鏡ね)の中でも掛け心地の相性が良く、もはや相棒とも云える程に愛着があるメガネ(老眼鏡ね)で、タートオプティカル社のアーネルという型を鯖江で作っているリプロダクトである。
もうもう製造はされておらず、ストックも殆ど底をついてしまっているらしい。

 

さぁ…大変だっ!

 

約17万5千㎡という広大な総面積を誇る三渓園の片隅で、人知れずに朽ちていってしまうかも知れない相棒の事を思って居ても立ってもいられなくなってしまったぼくは、次の日に仕事を休んでメガネ(老眼鏡ね)の捜索に再び三渓園を訪れる事にした。

 

f:id:poohrunning:20170703160438j:image

 

2日振りに訪れた三渓園の入園口にいる職員の方々に、入場券を渡しながら昨日にメガネ(老眼鏡ね)を失くして問い合わせをした旨を伝えると、やはりまだ届けられていないとのことであったので、とにかく入園して、前々日に歩いたルートを思い出して辿りながらゆっくりと捜し歩き始めた。

 

平日といえども疎らにいる来園者達は、暖かい春の陽射しの下でとても楽しそうに見える。


遠くの広場では結婚式を挙げた新郎新婦とその家族達が、青々とした芝生や鴨が戯れる池を背景に、穏やかな笑顔をカメラに向けて写真撮影をしている。
皆、とても幸せそうである。


ぼくだけが下を向いて、緑道の脇の石の裏側を覗き込んだり、力強く茂る熊笹を掻き分けてみたりしながら、右往左往してメガネ(老眼鏡ね)を捜してよろよろと歩き回っている。


恋人と一緒に手を繋いで笑いながら愉しく幸せな気持ちで歩いていた2日前は、風景の中に今日よりも多くいた筈の人達の事など殆ど気にも留めていなかったのに、こうしてひとりで探し物をしていると、何だか嫌でも鮮明に視界に入ってくる。

 

恋人とふたりで楽しく歩いた2日前の出来事が遠い昔のことのように思えてしまう。

 

しゃがんで土筆の写真を撮った池のほとり…おどけて飛び跳ねてみせた石橋の上…記憶を掘り返すように、心当たりがある場所は念入りに捜してみる。

 

熊手で落ち葉をかき集めたり東屋の腰掛けを拭き上げている園の職員の方々や茶屋の店員さん、終いには造園作業をしている職人達にまで、事情を話して聞き込みをしてみたが、皆心当たりがないとの返事ばかりである。

 

f:id:poohrunning:20170703160746j:image

 

園内を半周程捜したところで腹が減っていることに気が付いた。

時計をみるともう昼を過ぎていた。

そういえば昨日から何も口にしないで今朝も着の身着のまま家を出てきていたのでムリもない。

 

聞き込みをした茶屋の店先で売られていた握り飯を買って、茶屋の外に並べられた縁台に座り食べた。
下を向いてぼそぼそと旨い(本当に旨かった)握り飯を食べていると、店の方が「メガネ(老眼鏡ね)見つかるといいですね」と声を掛けてくれ、熱いお茶を置いていってくれた。
こういう状況で人様の優しい心遣いにふれると、些細な事でも少なからず心に沁みるものである。
そしてまた、前向きな気持ちにもなる。


「大丈夫…あれだけ愛着のあるメガネ(老眼鏡ね)なんだ。ちゃんとぼくの元に戻ってきてくれるさ。
今も園内のどこかの熊笹の陰辺りで、春のまだ動きが緩慢な蟻達にいたぶられて心細くなりながら、ぼくが捜しに来るのを待っているに違いない。

一刻も早く見つけだしてやらなきゃ…。」


少しだけ前向きな気持ちになったぼくは、指先に付いた米粒を食べて熱いお茶を飲み干し、茶屋の店員さんに礼を言って湯呑みを返して、茶屋を出てまたメガネ(老眼鏡ね)を捜しに歩き始めた。

 

小川の畔で小さな流れを目を皿のようにして辿ってみたり、苔が生した石段を登りながら脇の柵の周りをあらためたり、石灯籠の穴を覗き込んだりしながら、残りの半周を捜す。
時々振り返ってはあやしそうな藪の草をよけてみたり、茅葺屋根の民家を展示した建物の中に入って、屋内のどこかに置かれてはいないかと捜し回ったり、じっくりと時間をかけて考え得る限りの場所を見て回った。

 

f:id:poohrunning:20170703160849j:image

 

しかしそれでも残念な事に、ぼくはメガネ(老眼鏡ね)を見つける事ができないまま、残りの半周を回って入園口の近くまで戻ってきてしまった。

 

入口に近い喫煙所に疲れた腰を下ろして煙草を吸いながら、ぼくは諦め切れない気持ちを溜息と煙と一緒に吐き出した。

「ひょっとして園の外で落としてしまったのだろうか…?」
そんな考えも頭を擡げはじめていた。

 

実際、三渓園からの帰りに乗ったバス会社には落とした当日に問合せをして、車内を隈なくチェックしてもらったのだが、見当たらなかったとの返事をもらっていたのだ。
園の外の路上で落としたとなると、出てくる可能性はまずないであろう。


それでも…動かない訳にはいかない。
何せ相棒なのだ。
時間が許す限り、出来る限りの手を尽くそう。
諦めるのはその後でいい。

 

最後の一服の煙をふぅっと吐き出して、ぼくは重たい腰を上げて出口に向かった。
入口を潜った時より肩が落ちている。
2日前と比べるともっと落ちている。

 

明日以降も万が一眼鏡(老眼鏡ね)が届けられたら一報をもらえるように、園の職員の方達にお願いしてから園を後にしようと受付に近づいて行くと、一人の職員がぼくを見つけて「お客様、お探しのメガネ(老眼鏡ね)はこちらでしょうか?」と声を掛け、受付の奥のキャビネットの上を指差した。
指されたその先には、まさしくぼくのメガネ(老眼鏡ね)が置いてあった。
「それです。そのメガネ(老眼鏡ね)です。」
ぼくはそう言って受付の窓口に飛びついた。


なんでも、ぼくが眼鏡(老眼鏡ね)を捜しに園に入って行ったひと足後に、早くから来ていた外国人の来園者が拾って届けてくれていたらしい。
ただただ、感謝である。
遺失物受取の書類にサインをして、メガネ(老眼鏡ね)を受取り、園の職員達に丁寧に礼を述べて園を後にした。

 

門の外に出て、改めて戻って来たメガネ(老眼鏡ね)確認すると、昨日の雨のせいか土や砂が付着してはいるものの、変形したりしておらず、レンズにもフレームにも傷などは全く見当たらず、いつものぼくの眼鏡(老眼鏡ね)のままであった。
ただ、どことなく草臥れているように見える。
無理もない。

この広い庭園の中で二泊もして、しかも昨日は一日中冷たい雨にうたれていたのだ。

 

園の前の公衆トイレの水道でメガネ(老眼鏡ね)に着いた土や砂を丁寧に洗い流し、そっとハンカチでふき取ってやると、いつもの姿に戻った。

改めてかけてみるとメガネ(老眼鏡ね)がほっと溜息をついた気がした。

 

もう会えないかと思ったよ。

疲れただろ…とにかくおかえり。

 

園を後に歩きだしたところで、恋人からメールがきた。
急にメガネ(老眼鏡ね)を捜しに行くと言い出したぼくを心配して、仕事が終わってから捜索を手伝うべく、とりあえず中華街まで出てきていたらしい。

 

中華街まで戻ったら豚まんでも食うかな


無事にメガネ(老眼鏡ね)が戻ってきたことと、これからそっちに合流するから中華街で待ってて欲しい旨を返信して、ぼくは暮れかかった本牧の町を歩き始めた。

 

 

 

※云うまでもない事であるが、この文章から読み取るべき教訓などは…ない。

【再開】〜ちゃんとできるかな?〜

以前、他のサイトで始めてみたもののなかなか続かなかったブログを、このサイトで再開してみようと思います。

主に自分に宛てた「備忘録のようなもの」と、文章を書く訓練のために書いていくつもりです。

どうぞよろしく。

今回の投稿は「見本」と言う事で、10月にFBに挙げた記事に手を加えたものです。

 

 

ベスパで行った仕事の帰りに、うろうろと懐かしい界隈を走り回っていたらココを思い出して、何年か振りに訪ねてみた。

 

以前、この辺りで仕事をしていた頃にたまたまみつけた店で、以来何年かコーヒーを飲みに行った、駅前の駐車場で軽ワゴンに搭載されたチンバリを使って旨いエスプレッソをだしてくれるコーヒー屋さん。

オーナーご夫妻に親切にして頂いたり常連のお客さん達と情報交換をしたり…他愛もなく楽しい時間をこの場所で過ごした思い出がある。

 

まだ開いているかな?

 

見憶えのあるスタッフは、店を閉めて片付けている最中だったけどぼくの顔を見て

「スゴい久し振りだね。エスプレッソならまだいいよ。」

と言って淹れてくれた。

 

「お互い歳とったね。」

思い出話と近況報告と、コーヒーシュガーをたっぷり入れた甘くて旨いエスプレッソで、何だか元気が出た。

 

15年以上も昔のこと…初めてここを訪れた頃も、ぼくは今のように「途方に暮れて」いたような気がする。

結局のところ、15年以上経ってもぼくはひとつも成長なんてしていないのだろう。

基本、バカなのだ(笑)。

 

そんなことを考えながら、空になったペーパーカップを棄てて、スタッフにありがとうとさよならを言ってベスパに跨って店を後にした。

 

たまたま思い出して訪れてみたけど…今日あそこでエスプレッソを啜るのはハナから決められていたんだろうな…。

「偶然な必然」
「永遠の瞬間」

夕暮れ時、渋滞の旧山手通りで幅寄せしてくるタクシーに罵声を浴びせながら、ぼくはそんな風に思った。

 

心が疲弊したときに飲みたい珈琲がある。

 

かしこ

 

f:id:poohrunning:20170112130204j:image
※この投稿に広告的要素は一切ありません(笑)。